ステーサー400 デッキ張替…4

2014.02.08(Sat) | EDIT

先週末も引き続きデッキ張替してました。

前回は衝撃吸収シートを貼ってないヶ所のマリンカーペット貼り付けまででした


今回からやっと衝撃吸収シートとマリンカーペットの貼り付け

なんですが…

その前に、前に張っていたカーペットと今回のマリンカーペットは、毛足の長さやゴム貼り下地の違いから、圧縮してカーペットを潰した時の厚身が約倍程分厚いので、各ハッチとデッキの隙間を約5~10mm程 丸ノコで切り直し

既製品のアルミハッチ中型サイズの蓋と本体側アングルの隙間はキツキツなので…

仕方なしにマリンカーペットをラジオペンチで引っ張りながら、抜きすぎに注意しながら間引き
(アルミハッチ小型は間引かなくても大丈夫そう)

更に…

アルミハッチ蓋のヒンジ部に

ボンドが付かないようにマスキング

更に…

カーペットとカーペットを重ねて貼るヒンジ部の下側カーペットを間引き
真っ直ぐに間引く事でマリンカーペットの重ね貼りの段差と継ぎ目が分からなくなるんです


しかし、間引き作業は地味でコツコツと時間がかかる…


6ヶ所のアルミハッチを済ませるだけで半日仕事でした


やっとここから貼り付けです

ここからはボンドの種類が変わり、衝撃吸収シート(アンダーレイシート)用の耐湿工法ボンドの「USセメント」を使います。

シートとマリンカーペット側に薄く両面に貼り、オープンタイムが20~30分なので待ち時間の間にドンドン塗って…

圧縮張り合わせ

そして、フロントとリアの浮力帯上部の1枚物カーペットもシワに成らないよう慎重にペタ


しかしまあ、このUSセメント ボンドは手に付くとエライ事に…
ウレタン樹脂系のボンドなので、手に着いたボンドを剥がしてたら手の皮が剥がれそうになるくらい取れない
2日くらい手に残ってました

そんなこんなで、作業性が悪くあんまりはかどらなかったです


次回からは各ハッチやデッキの裏面を普通にボンドG10Zで切り貼りして、アルミハッチの蓋とヒンジ部の張り合わせ、USセメントで耐湿処理でとりあえずはデッキ張替は終了のはずです


そして、タイミングよく次の作業の部材が送られて来たので…

今度はこれかな…

仕事で関係したことがある部材で、腐敗しない材質。

どうせやるなら誰も手を出した事のない部材を使いたいので、会社の繋がりを活かしてメーカーから直接買い付けました

また作業に入ったらブログ報告しますね


ではでは

Category: ボート

12:06 | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


スポンサー広告

プロフィール

S見

Author:S見
以前は[BIGLOBE]ブログSサイトを約6年間続けていましたが、ガラ携からスマホに乗り換えた事から[FC2]へ一新して参りました。

主に釣りネタをメインに更新頑張ります。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-