ステーサー400 デッキ張替…

2014.01.11(Sat) | EDIT

ここ3日くらい前から朝の気温がマイナスを示すようになり、本来の冬外気温になった様な気がしますね。
しかし、まだ昨年末から今に至るまで、通勤途中の野池は今だに凍結してないって事は暖冬なんでしょうか
冷える時には冷えきらないとメリハリが無く、冬から春の魚の動きが読みにくくなるんですけどね…


さて、昨年末からデッキの張替を徐々に進めて行ってるのですが、今現在までの流れを自分の覚書の為にも書いて残しときます。
参考にされる方は参考までに…。

ステーサー購入から約10年弱。
傷みの激しいリアとフロントの浮力帯のカーペットは張り替えた事があるものの…

ほとんどのカーペットは長持ちさせてそのまま使ってましたが、

擦れによる劣化で下地が見える程に傷んだので、昨年末から思いきってみました。

とりあえず段取りとして、装備品の撤去から…

結構なんだかんだ付けてたので…

片っ端から外して、配線関係の覚えが大変

カーペットを張り替えるついでにストレージを増やしたいので、カットラインをクレヨンで下書き


僕のステーサーは、昔のキサカでは選べたデッキ種類の「アルミハニカムデッキ仕様」。
今はアルミハニカム仕様は無くなったようですが、かなりの軽量化でそれなりのメリットはあったのに…

デッキカットは丸ノコでは無理かな…
と、思ってましたが、サクサク ストレス無く切れました

計4ヶ所の増設。

しかし切った事により、デッキの支えの当たり(支点)にムラが出てきて、ガタガタになるので、5mm.厚のゴム板を買って来てバランスを見ながら貼り付けて、接地面を増やしてやる事によりデッキのヘタリを軽減。

そして、やっとデッキ剥がし

劣化してるせいもあってか意外と簡単に剥がせるヶ所が多く、物凄い土ホコリを巻き上げながら撤去
しかし、剥がせたのはカーペットだけであって、古い糊は硬化して張り付いてる…

なので、一気にグラインダーの下地処理用サンダーで削りすぎないように根気よく荒削り

粉塵が付いてるとボンドの付きが悪くなるので洗い…

デッキがオールアルミハニカムなので、鱗模様のキラキラに

灰色のヶ所は新しく切り出したアルミハニカム板。普通に買うとビックリするほど高価なんですね…

ついでに、オフシーズン中に毎年やっている

溶接部の亀裂有無確認と船底ゴミ&水垢除去の洗浄

よく乾かしてデッキを元の配置に戻し、カーペット貼り…
ではなくて
カーペットの下に一工夫

何かと言うと…

東レ… ではなくて、「東リ」製品の「アンダーレイシート4.5mm.」
このシートは下地材で、衝撃吸収・音の発生を軽減が見込めるシート

色々と各メーカーから衝撃吸収シートは販売されているんですが…
少量切り売り販売がされてなく、本当はタキロン製品のナイスレイシートを探してたけど、一巻き10m買い取りでないと販売してくれないらしく…
探しに探しまくって理想に近かったのが、この「アンダーレイシート」でした
幅1820mmの1mからの切り売り可能で、専用のボンド「USセメント」(セメントと言ってもウレタン樹脂系の柔らかいボンド)で施工すれば湿度の高い所でも安心の耐湿工法。

で、これを使って何のたくらみかと言うと…
すでに分かってるかと思いますが…
狭くて 硬い不安定な船上デッキでの長時間の立ち時間から来る足腰の負担軽減が目的。(某大手ボートメーカーは衝撃吸収シートを何年か前に採用されてますね。)

自分は学生の時に腰を痛めてから、腰から膝にかけての痛みに不安を感じながら過ごしていたので、少しは違うのかなと…。

実際に製品を手に取ってみると…
寒くて硬くなってるからなのか…
チョッと硬すぎたかも

これだけは実際にカーペットと合わせて施工してみないことにはわからない

この↓

シート状の物をデッキの各サイズに切って行き…

↑こんな感じに

アルミハッチ↓

やエレキフットのオフセットトレーなんかの段差が面イチになって、段差の角が無くなるのでカーペットの痛みがやわらげられるし、物を落とした時の音も軽減。断熱性も多少あるようなので、ライブェルの水温上昇も少しは抑えれる効果になると思いますね

とりあえず、今現状はアンダーレイシートの切り合わせまで出来ました

これからの作業は貼り合わせです

しかし少し気になってたのが、貼り付けに使うUSセメント。試しにシートの切れ端で試し着けしてみると…

やはり強力に付き過ぎて、今度の張替時の剥がす時に苦労しそうなので、デッキにアンダーレイシートを張り付ける時は「コニシボンドG10Z」で貼り、カーペットとアンダーレイシートを張り合わせる時には「USセメント」で張り合わせるように変更。


ちなみに、ベニア板などのウッドデッキの場合は湿気が上がって来ると思うので、両面「USセメント」で施工するのが無難だと思われます


そんなこんなで、これからしばらくはデッキ貼りに専念したいと思います。

ちなみに、今回採用したカーペットはDorsett製品のマリンカーペット。
毛足が長く、ゴム裏地処理されているために水の染み込みを軽減。
高価だけど耐久性があって高寿命だそうです。


ではでは…

Category: ボート

14:14 | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


スポンサー広告

プロフィール

S見

Author:S見
以前は[BIGLOBE]ブログSサイトを約6年間続けていましたが、ガラ携からスマホに乗り換えた事から[FC2]へ一新して参りました。

主に釣りネタをメインに更新頑張ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-