2013中国四国ブロックチャンピオンシップ

2013.11.06(Wed) | EDIT

かなり遅く成りましたが…

中国四国ブロックチャンピオンシップの事です。



今年は旧吉野川での開催予定でしたが、
台風の影響により開催地が急遽変更…

場所は四国の愛媛県野村ダム。

金曜日まで山口県へ出張へ出ていて、1回の走行距離1,070km走りきって家に帰り、慌てて野村ダムのタックルを作り、4名分の宿を手配し、高速道料金が安く済む時間を調べてそのまま寝ずに出発ってゆう強行スケジュールで約4時間のドライブで野村ダム入りしました



野村ダムには数年前にチャンピオンシップで釣りをしていた事があったのですが…
スロープの場所からルールに至るまで全く記憶に残っておらず…
現地に着けば思い出すかと甘い考えでいましたが、思考回路がブッ飛んでる状態では全く思い出せずに、石川さんや現地スタッフに聞きながらどうにか野村ダムにボートを浮かべれて、そのまま前日練習に…。

前来た時よりも台風の影響により当たり前の様に水が多く、フル満水な状況。

初めてのフィールド状態でしたが、野村ダムはベイトフィッシュか豊富で、このベイトフィッシュがキーに成ることが多い事と、流入量が多い事から本流筋の最上流へ先ずは直行。

一投目からチャターベイトに1kgオーバーがパックンパックン状態で…
特に目視しにくい半透明な白魚が団子状になった群れを巻物系で蹴散らすと、真下から必ずバスがライズアップしてくる野村ダム特有なパターンも確認。
本戦でも流入量が下がった状態で、カレントが絡むブレイクの落ち込むストラクチャーに居着くかもと思い、上流域を結構しつこくチェック。
下流域までは要所要所を流しながら釣り回り、800g~1kgまでなら拾い釣りが出来るのを確認して前プラ終了。

本戦当日の朝は防寒が必要な程冷え込み、車の温度計が8度に。


この冷え込みと、前日とは明らかに減った流入量と風に影響された浮きゴミが上流(会場前)まで上がって来た動きから上流への判断が鈍り、スタート時には船首を下流に向けてました

この時の考えは、水温が上がるまで上流には行かず最下流域のカレント&ベイトフィッシュに付く800gサイズで揃えれるだけ揃えて、上流域に直行!!

の、予定でしたが…

まず、下流でキーパーは入れ食い状態でしたが、300gから上が釣れない…

釣れども釣れども… ナイスキーパーが釣れない… だから…
移動&移動で動き回り、サイズが上がらず切りが無いので想定より少し早めに最上流付近に入るものの…
思っていた以上に流入量が減りカレントのメリハリも無く減水。

白魚も30cm以の水深のアシポケット内に入ってしまい、周囲にもバスの姿無しで、ブレイクがらみの冠水植物や岩周りでも入れ替えならないサイズをポツポツと釣って…

そのまま終了でした

結果3本で980g
29位で今年の試合は全て終了~



今回の優勝者は
石川晴彦さん
3本で3,866g

増水時のセオリーなパターンのブッシュ打ち。
縦ストにからむ濃い過ぎない浮きゴミをテキサスで打つパターンだったそうです。

流石、野村ダムマスターの石川さんです。
おめでとうございました

2位には岡山チャプターから選出の有木さん。
得意のフットの釣りではなく、ライトリグをマスターして3本2,686g。
気合入れて北九州は遠賀川頑張って


てな訳で、僕は海の人にしばらくなりそうです

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


スポンサー広告

プロフィール

S見

Author:S見
以前は[BIGLOBE]ブログSサイトを約6年間続けていましたが、ガラ携からスマホに乗り換えた事から[FC2]へ一新して参りました。

主に釣りネタをメインに更新頑張ります。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-