ミンコタ・ウルトレックスについて…

2017.03.24(Fri) | EDIT

ウルトレックスのリモコン使用に関して、あまりにも明確な情報が無さすぎて電波法に違反するのではないかと誤解されてる方が多いようなので、その事に触れておきます。

簡単簡潔に言いますと。

技適マーク:日本の総務省が定める「技術基準適合証明又は工事設計認証」の略称。

 

↓ウルトレックス取説内容より。

 

↓僕のウルトレックス ペダル裏。技適マーク

Bluetoothロゴ:Bluetoothの規格に沿った製品であることが認められることによってロゴマークが使用できる。

 

↓ミンコタHPより。

http://www.minnkotamotors.com/ipilotlink/

http://www.minnkotamotors.com/i-Pilot-App/

↓リモコン側Bluetooth        ↓本体側Bluetooth

              

↓僕のウルトレックスヘッド。Bluetoothロゴ

電波法に関して全くの無知なので色々と調べた結果…。

この「技適マーク」+「Bluetoothロゴ」2種のマークとロゴが無線機器に明記・表示されてる場合は日本国内での使用は問題無いとの事です。

内容が凝縮された参考になるページがありましたので拝借↓

http://bril-tech.blogspot.jp/2013/12/bluetooth_1.html

↓一文を抜粋↓

「 Bluetoothデバイスは、2.4GHz帯(2,402~2,480MHz)を用いるので、免許不要局の2.4GHz帯高度化小電力データ通信システム(2,400~2,483.5MHz)に属している。

というわけで、Bluetoothについては、技適は必要だが、総務大臣の免許は不要。 

上記↑の文に言いたい事が凝縮されてますねぇ。

そんな感じでパス出来ると判断した次第です

試合前からグレーな疑わしい状態では使えないですからねぇ~

これで心置き無く使わせてくれるかなぁ~

Category: ボート

20:55 | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

オフシーズンのボートいじり…②

2017.03.08(Wed) | EDIT

暖かくなって来ましたねぇ~

そろそろ動き出さなければと思うこの頃です…。

さて、エレキ以外にも色々とトライ中でして…。

ウルトレックスと同じく持参してもらった…

 

「パワーマニア・ターボM430」ってゆうオンボート バッテリーチャージャー。

日本ではほとんど流通してない製品で、購入前から英文ホームページを苦労してかなり調べたところ、このチャージャーがなかなか高機能らしい。

もちろん防水で、100~240vACフルレンジ入力で日本電圧へ自動調整。(*注意:ターボmEシリーズと、ターボmV2シリーズはフルレンジAC対応ではないので日本で使うと満充電されないと思います。)

完全放電0ボルトのバッテリーを充電可能。

延長ケーブルの使用などで電圧が下がっても安定して充電。

等々…。

 

充電方法も30Aをバッテリー4発で分配(30A÷4発=7.5A)するんですが、1発が充電され満了になるとアフターモードの2Aで自動アフター充電。

すると未充電残りのバッテリー3発に自動で振り分けられて1発9.3Aで充電(30A-2A=28A÷3=9.3A)。

更に充電が進み、バッテリー2発で13A充電。最後の1発は24Aで急速充電。

って具合に、前日プラクティスで深くまで放電し切ったバッテリーを労りながら充電しながらも、試合当日までの一晩で完全に充電をし切る短時間充電(最後は強制的ですけど…)を可能に

従来のチャージャーは自動でアフターモードにはなるけど、まだ終わってないバッテリーに分配されるって方法は無いらしく、一晩で充電が終わってなかったりしてましたが、このパワーマニア ターボMシリーズはエレキを多用してバッテリー消費が激しいトーナメンターには嬉しい機能です。

他にも安全装置もしっかり備わっていて、充電異常やバッテリー異常もLEDゲージで警告通知。

そんなバッテリーチャージャーをステーサーにインストール

しかし、スペース的に説明書通りの周囲8in(20cm)周囲はスペースを空けれないんですよねぇ~

放熱の問題なんで、真夏の夜は気を付けないとなぁ~

専用の延長ケーブルが必要になったので…  海外製品扱いのネットで注文~

運賃が馬鹿にならないんで…バッテリースイッチと自動ロープ巻き機をついでに輸入

配線をデッキ下へ引き回して…

あ!今までバッテリーを3発でエレキ36ボルト+ソナー3台+電装品無数を賄って来ましたが…

今回、思いきって4発体制にしました

予定ではエンジンスターター&電装品をパナソニック カオス60B50Rのコンパクト&軽量にする予定。

同時進行でエレキ配線とエンジンスターター&電装品のそれぞれの配線の間にバッテリースイッチを付けるために色々と一工夫…

   

アルミ板を切って曲げてネジ穴を切って…。

オンボートチャージャーを付ける時にはバッテリースイッチを付ける方がいいらしいので

とりあえず、全部配線終わらせて…

バッテリーチャージャーのコンセントをイン

無事に充電されてアフターモードになりました

今まで、バッテリー充電器を引っ張り出して絡まった配線が煩わしくて繋いだり外したりが本当に面倒だったのが…

 

バッテリースイッチをOFFにして、ストレージからコードを出して1つのコンセントに挿すだけで4発のバッテリーを一気に充電出来るなんて本当~に楽チン

スモールボートなのに機能だけは充実してきました

そして、今まで普通にエレキを浜挿し(ボートを岸に着岸した時にエレキを挿してた岡山地区特有な事らしい)してましたが、エレキを新しくしたのとエレキへの負担とマウントのネジレを(マウントガタツキの原因)防止するために、この期に浜挿しをやめます(笑)

で、

自動ロープ巻き取り器をインストール

 

こんな感じですねぇ

昔からある便利グッズなんですが意外と知られてないし、隠れて見えない巻き取り器本体が意外と大きいんであまり付けてる方が少ないのか…

でも、チョッとボートを係留するときには本当に便利

更に工夫して…。

 

ステンレス製のロープキャッチャーを付けて…

 

ストレスなく収納&取り出しが出来るように仕上げました

この小さな錨型であれば実戦で邪魔にならないサイズで、岩の隙間や木や土なんかでも、安定して引っかけれるかなと…。

自動ロープ巻き取り器はMAX9mくらい引き出せるので、ロープを必要な長さまで引き出して、クリート部分が締め込みネジ式になっているので、ねじ込んでロープをロック!

で、ロープをクリートに結べば完全にロックされるって仕組みの良くできた係留器です

そして後は…

ウルトレックスのヘッド内の端子を…

 

焼き付け対策で、防水型の圧着スリーブに交換

 

と、

賛否両論ある…

トローリングモータープロップナットをインストール

工具無しでプロップを脱着出来るってメリットと、見た目(笑)ってメリットで付けてみました

材質がアルミなんで、ネジ部分は耐水グリスで固着防止のために塗って、たまにプロップチェックのために脱着する事を忘れずにですかね。

あ!

ウルトレックスのリモコンが日本でも使用OKみたい

で、

i-Pilot Linkの無料スマホアプリをインストールして、早速にスマホからウルトレックス本機とリモコンのソフトウェア最新版をアップロードしてみた

何が追加されたかは分からないけど

いちよ最新版になりました

(スマホアプリからウルトレックスの簡単な操縦も出来ます)

正式にリモコンが使えるとなると…、

1/4マイル(約400m)の距離を1度記録させると、ウルトレックスが航路ルートを保存して(ウルトレックス本体だけだと16箇所がMAX。ハミンの漁探連動だと無限❔)、スタート↔エンドの同じ航路ルートを何度も行ったり来たり自動操縦してくれる「i TRACKS」機能も使えるし…

 

ウルトレックスは使い方を熟知すれば色々とかなり使える!

ただ、難点はリモコンも説明書ももちろん英文だし、機械的なトラブルがねぇ~

とりあえずウルトレックスはそんな感じです。

後は…

年1で交換の…

 

トレーラーヒッチのゴム張り替えを

ヒッチがアルミ製なので、磨耗防止と牽引時のトレーラー暴れストレスを軽減するため。

ゴム板で隙間を埋めるだけで、牽引時に感じる不快音と暴れがほとんどなくなって、かなり快適になるんでオススメです

(ゴム板が噛み込んで滑らない時は滑剤のシリコーンをタップリ吹き付けると解決しますよ)

それと後は…

 

今現在製作中の…、エレキを踏む時の姿勢が片足に掛かって負担になり、持病の膝痛と腰痛悪化の対策の為、厚板作りちゅ~

余ってたアルミハニカム板を2枚+東リ製のアンダーレイシート(衝撃吸収剤)+アットウッド製のマリンカーペットを張り合わせた、約32.5mm厚の腰痛対策板(笑) 

(サウザーのオフセットリセスを取り付けてるので、32mmくらいでほぼフラットになる予定)

アルミハニカムで軽量だけども、操船時にぶっ飛ばない重量に仕上げる予定~

そんなこんなで、シーズン前に大体の事準備が出来たので、そろそろ2017年本格始動しましょうかねぇ~

Category: ボート

23:55 | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

オフシーズンのボートいじり…

2017.02.14(Tue) | EDIT

オフシーズンのボートいじりって事で…

今年もコソコソいじってます(笑)

まずは、一番のイジリ乗せかえはエレキモーターですねぇ~。

以前にも少し触れましたが、アメリカからの手荷物で気合いでウシオ君が持参してくれた112ポンドのミンコタ「ウルトレックス 45inシャフト i-PilotLink」です

重さが40kgぐらいあったらしく、空港で職員にオーバーだ!って指摘され…ウルトレックスの 梱包をばらして仕切り板を焦ってターミナルど真ん中で豪快に全部抜いたらしい

その連絡をLINEで聞いた時には、荷扱い最悪な海外のターミナル集荷に不安を感じで冷や汗が出ましたが(笑)

無事にガムテープグル巻きのミイラ状態になって到着したわけです😄💧

まあ、重すぎて放り投げれない重さなのがよかったのかな

そして、幸運にも重すぎるとオーバーチャージ追加料金を請求される(6千円~3万円)のが普通なのですが、スルーで行けたみたいでした

ほんと、持参出来んのか??って、心配になって何度も聞いて「大丈夫だから持参する!」って、持って来てくれたウシオ君にはほんと感謝です

ちなみに、カナダで買ってアメリカからの日本到着と遠くから来たウルトレックスです。

そして、このウルトレックスのタッチスクリーンリモコン↓

日本では使えな~い

理由は深くはあえて掘り下げませんが…

使わなければ問題は無いんで悪しからず

まあ、ハミングバードのへリックスソナー本体とミンコタウルトレックスLinkモデルのヘッドからは、i-Pilotケーブルの配線が出てるので、ネットワークを組めばリモコンは要らないはずなので

多機能でハイテクになります

システムを完全に組めばエレキモーターで車のオートクルーズ以上の世界で、エレキペダルを踏まなくても勝手に指示したGPSモニター画面上の等深線や等深線から何m範囲を平行に進む等々の設定で決められた距離と速度でオートクルーズ。

(事前にGPSモニター上へ2Dソナーデーターをリアルタイムに等深線作成される「オートチャートライブ」で編集が必要ですが)

まあ、ハミンのソナー本体は資金面からコツコツ貯金して来年の話ですけどねぇ~

ウルトレックス本体だけでもスポットロック機能、オートクルーズは使えます。

   

停まりたい箇所ではスポットロック!で、風があっても流れがあってもGPS機能で1.5m以内の同じ場所にとどまり続ける。

(GPSの入りが悪い山間部で使い物になるのかは、使ってみないと分からない)

どれも、システムを理解して使いこなせればの話ですけど(笑)

 

とりあえずステーサーに組んで陸上試運転を!

と、思ったら……

電源は入るのに……、肝心なモーターが動かない

冷や汗もので、モーターから配線周りを一度完全分解しないといけないかと本気で考えて…

エレキヘッドを開けて平端子(ミンコタ伝統の必ずいつか焼ける端子(苦笑))を確認して…

片手にGPSセンサーが入ってる蓋を持ってフットスイッチを押すと…

モーターペラが回った

で、気がついた。。

どうやらエレキを下ろして、GPSセンサーが組まれたエレキヘッドが水平近くにならないと、安全装置が働いてモーターが回らない仕組みだったみたい 

危うく、ハイテクエレキをワケわからず分解してしまう勢いでした

ジオディフェンス(アメリカ本土から離れた時点で使えないようにロックが掛かる機能)も関係無く使えそうで一安心しました

構造を知るために、エレキヘッドとペダルを開けて観察…

 

基本構造は変わらないものの、センサー関連が沢山あり細い配線がいっぱい

基盤とステアリングモーターとセンサー関連は一通り予備を揃えておかないと不安ですねぇ

ホームページ内の分解図を見てもかなり複雑そうで、部品を交換するのも大変そう

とりあえずこれからは、モーターの防水処理・ターミナル焼け対策で端子を接地面積のあるバットターミナルに交換(ケーブル一本化は構想上無理なので…)・トロールロック取り付け・ダウンイメージ振動子・ウィードカッター(釣糸のペラ巻つけ対策)等々の取り付けでエレキ関連は終わりかな…。

チョッと時間があったので、試運転と調整で少しだけ高梁川へ浮いて、スポットロック&オートクルーズを試してみました。

で、笑えるくらいに楽

風があって流される状態でも、スポットロックは思いの外に精度もいい感じで、スローな釣りな時、リグる時、流れの中でのランディング時等々…。

エレキ操船に気をとられずに対応出来そう

僕の場合、持病の右膝と腰痛持ちには強風&流れの中の釣りで片足立ち状態で踏ん張るのは辛かったんで、かなり楽になりそう

気になるレスポンスもクイック、自動でエレキスピードを調整をして、エレキによる水流でエリアにプレッシャーを与えるような感じもなく、不意の切り返しでボートから振り落とされるような事は全く無かったです

ちなみに、スポットロック機能はエレキペダルを踏み込んだりの操作を感知すると、自動的にスポットロック機能は解除されます。

昨年、本場アメリカのバスマスター・エリート第9戦ミシシッピーリバーでオット デェフォー選手(USフェンウィック 2016年サポート選手)が堤防最上流の激流(高梁川最上流みたいな)でスポットロック機能を活用してエリート戦初優勝。

 

他プロ選手からは「釣りが変わる革命的なアイテムだ!」とか、アーロンマーティンスに「せこい!」と、言わしめただけあるなと…。

トラブルを回避するためにサポートがかかってても、実績ある旧式(フォルトレックス)を選択するツアープロ選手の間でも、2017年に搭載するエレキがウルトレックスの装着率が高いのはトラブルが少ない実機とみていいのかな…。

マウント&モーター関連は旧のフォルトレックスで実績済み、シャフト構造&システム関連は海のエレキで実績済み。

問題はペダルのセンサー関連とワイヤー駆動パワーステアリングぐらい…。

とにかく、トラブルが無いことを願うだけ

ただ、道具だけ良くなって、釣るための技術が伴ってないって言われないように今年こそは頑張ろぉ

まだ他にも、エレキ以外もいじりますよぉ

そんな感じのオフシーズンボートいじりでした~。 

Category: ボート

22:48 | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑

ティムコ&ニューヨークから荷物…

2016.05.24(Tue) | EDIT

サポート頂いてるティムコから荷物が…

開けてみると…

デルゼ70F、フェイカー、シケーダー、野ネズミ?(笑)
これからのアフターから良さそうですね
デルゼ70Fは特にプカプカと浮かせて目線上になるアフターには効くでしょ

そして、ニューヨークのウシオくんから…

日本で買うとバカみたいに高い…

「スケグガード」なる物を送ってもらった(日本のジャークベイトと物々交換(笑))
このスケグガードは、ジン&クニヤス戦時に久々にお会いした先輩が現地で付けてるのを見て、教えて頂いて即日調べてニューヨークのウシオくんにお願いした次第(笑)

何かと言うと…
名前の通りで、ボート船外気エンジンのスケグを守るステンレス製のカバーです…

ボートエンジンの命であるプロペラを守る為には… バカみたいに浅い高梁川では特に必要だなと思いますね


長男がよくわからん踊りをしてる横で…


新品を早速、棒ヤスリでガリガリ削りまくり一工夫…

ギヤーオイルのドレン口分をカット

ドリルで穴明て…

六角ボルトで締め付けて完了~


ステンレスペラと相まって、なかなかキレイに渋く!?なりましたねぇ

以上です…



Category: ボート

21:07 | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

トレーラーLED強化… 2015年初バス釣り…

2015.03.13(Fri) | EDIT

ボートのトレーラーをLED化を強化してみました


ただ配線を既存の車幅灯から引き込むだけだとなんなんで…

トレーラーの電気カプラーが1ヶ所予備(黒配線)として空いてるのを利用して…

車のフォグランプと連動させるために配線を引き直しました

車のフロントから…

車内へ引き込み…

リアランプに配線されているトレーラー側からの配線の、黒色の予備配線へ繋ぎ込み…


今度はトレーラー側のカプラーの予備配線へ…

そして、トレーラーのリア側へトレーラー本体内部へ配線を引き回しと…、計22mの配線


LEDは、在庫限りのセールで5m巻きのSMD5050型球の150発が、ナント2,000円で入手出来たんで、途中2ヶ所切ってハンダ止め

結構このハンダ止めが面倒で、細かく…

両極を残すようにカット線から切り…

カッターナイフで皮膜を削ぎ落とし…

ハンダ付けのポイントを剥き出しに…


で、やっと配線にハンダ付け

用意するものは…

ハンダゴテ、ハンダ、ハンダ付けペースト、配線くらいかな

配線は皮膜を少しだけ剥き…
「ハンダ付けペースト」を少々付けて…
(ハンダペーストが無いと配線内にハンダが染み込まないです)

ハンダゴテをしっかり温め、配線に着けたペーストを溶かして…

次に、ハンダゴテでハンダを熔解し、そのまま配線に乗せると…

熔解したハンダが気持ちよく配線に吸い付きます

で、配線のプラス・マイナスを間違えないようにハンダゴテで、ハンダが盛られた配線をLEDテープの両極にしっかりハンダ付け


んな感じで、LEDテープ同士をハンダ付け配線で繋いで、後はシリコン系ボンドと防水収縮チューブで確実に防水処理して…

トレーラーの鋭角なヶ所はジョイントして張り付けて…

車から引き込んだ配線へ、他に増設したLEDも同様に繋ぎ込んで完了でした

チョッとケバイ感じになったけど…

フォグランプと連動なんでON⇔OFF出来るし、夜間走行中にトレーラーに気が付かず事故られないように予防策としては万全かなと

細かいこと言えば…
今回のLED球は昼色系の暖色寄りだったみたいで…
リアのクール色LEDと同じ白色でも統一感が無い
まあ、在庫処分物なんで仕方がないですが…


で…、午前中にトレーラーLED強化を済ませて、ボートの油入れにスタンドに寄って、高梁川へボートを浮かべれたのが午後3時過ぎ…

前日の雨降り&大潮最終日にボート出してた守屋くんが春爆(短時間に5本)させてたって事を途中聞いたんで、大潮残り組が釣れないかなぁ…

て、甘い考えでローランスHDSのサイドイメージで地形再確認しながら要所要所を流して釣って見ましたが…

なーんにも無く、2015初高梁川は異常無く終わりました

日照時間、春の強い日差し、それらに伴う水温上昇、流入量を上げる雨などの微妙な上向バランスが間違いなく産卵行動を意識させて魚は常に動いてるんで、後は今年の傾向とタイミングの読み方次第と、プラスαだけの事だと思うんで、とにかく釣れなくても後は通って流れを読む事ですかね

そんなこんなで…

今年も頑張ろぉっ

Category: ボート

23:38 | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

スポンサー広告

プロフィール

S見

Author:S見
以前は[BIGLOBE]ブログSサイトを約6年間続けていましたが、ガラ携からスマホに乗り換えた事から[FC2]へ一新して参りました。

主に釣りネタをメインに更新頑張ります。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-